トレンド・話題

エグザイルATSUSHIが辞めた本当の理由は?海外進出か?

エグザイルを最初から支え続けてきたATSUSHIの卒業が発表されました。今後はソロ活動に専念するということです。

 

エグザイルの前進グループであるJ Soul Brothersに2001年から加入して以来長い間、エグザイルの顔として一線を活躍されてきたATSUSHIの卒業とあり、ファンはやはり動揺は隠しきれない様子だと思います。

 

エグザイルの卒業を決めたATSUSHIの決断はかなり重いものだったことでしょう。それには、どのような真意があるのか考察してみようと思います。

 

EXLIE ATSUSHIが辞めた理由は?

ずっとソロ活動をやりたかった

ATSUSHIはもともと2000年に開催された、テレビ東京系「ASAYAN」主催「男子ヴォーカリストオーディション」に参加していたことは有名な話ですね。

 

最終選考まで残るも、落選してしまいました。

 

その時は、やはりソロ歌手としてデビューを夢見ていたと思うので、落選してしまったことは残念ですが、ATSUSHIの実力をHIROが聞きつけてJ Soul Brothers加入し、その後EXILEとして始動します。

 

ツインボーカルでのダンスボーカルグループとして人気をはくし、一気にスターになりましたね。初期のメンバでもう一人のボーカル清木場俊介さんともすごく息があっており、2人の声がとても心地よく、初期のEXILEはかなり好きでした。

 

その後、突如と清木場俊介さんが脱退し、新ボーカルのTAKAHIROを迎え、メンバーが増えていき、少しずつEXILEも変化をしていきますが、そういった過程の中では色々と思うところがあったのではと思います。

 

結果としてグループでの活動を長い間していくことになるのですが、本心はやっぱりソロの思いが強かったのではと・・・。

 

40歳の節目

あの顔からは想像できないようなきれいな声で、ファンを魅了してきたATSUSHIが40歳を迎える歳にはいろいろと思うものがあったように思います。

 

EXILEを活動していく中で、途中、アメリカ留学をして一時活動を休止していた時期もあったりと、ATSUSHI自身がやりたかったことが少しずつ形になってきて、やはり、今までの夢だったソロという活動形態に踏み込むいい区切りが、40歳という歳だったのではないでしょうか。

 

また、ATSUSHIは40歳までに結婚もしたいと言っていましたし、そのようなお相手がいるかどうかは定かではありませんが、結婚もあり得るかもしれませんね。

 

海外進出

海外進出も視野に入れていると本人は言っていますので、やはり、海外に行くにはソロになる必要があったと思われます。

 

また、ピアノ1本で2時間のステージを成立させるという夢もあるそうです。

 

50歳になるまでのこれからの10年は、そのような夢にむけて頑張っていきたいという思いが強いようです。

 

EXLIE ATSUSHIとHIROの対談

 

ATSUSHIのYouTubeチャンネルでHIROとの対談がアップされています。

 

HIROがひとつ心残りなのが、コロナの影響で、ファンに対してATSUSHIの卒業LIVEができないことが残念だということです。確かにATSUSHIもきちんとファンの前にたって報告したかったことでしょう。

 

ATSUSHIが抜けた後のEXILEを引っ張っていくTAKAHIROのプレッシャーも計り知れないとは思いますが、新生EXILEとして頑張ってほしいですね。

 

まとめ

長い間EXILEとしてグループを引っ張っていってくれたATSUSHIには感謝しかないですね。

ファンは辛いとは思いますが、今後のATSUSHIの活躍を応援していきましょう。