CM

カネボウCM「生きるために、化粧をする。」の炎上の本当の理由は?抗議運動に発展!

カネボウのブランドムービーとして第一弾が放送された時は、かなりかっこいいCMと評価を受けていました。

 

それが、第二弾が放送されるとなぜか炎上・・・。えっなんで炎上してるんだろうって思ったので、その理由について調べてみました。

 

 

カネボウCM2020年7月

「生きるために、化粧をする」篇

 

うん。とても素敵なCMだと思います。このCMに出演されているのは、モデルの中島セナさんやトランスジェンダーの井手上獏さん。

カネボウCMが炎上しているのはなぜ?

生きるために、化粧をするこのキャッチフレーズが、

 

●生きるために化粧って必要なの?

●男性や子供はしなくても生きているのに?

●社会全体で女性は「綺麗であれ」「化粧をしろ」「美しくないとだめ」という風潮があるのを後押ししているようで不快

●いくらマスク習慣で化粧品が売れないからって、女性は化粧をしないと社会的に死にますと脅してまで販売促進していいんですか

 

と、感じている一部の視聴者の方がいたようです。

 

そうですね~。これは感じ方の問題だと思いますが、私はそういう捉え方はしなかったです。純粋に化粧をして楽しいし、綺麗になるのがとても嬉しい。どちらかというと女性の特権かなって思います。でも、ここ最近は、男性の美意識もあがってきており、メイクをする男性も増えてきています。

 

なので、化粧は女性だけのものという捉え方も今の時代にはそぐわないものじゃないかと。現にCMに出演されている井手上獏さんは男性。なので、これは女性だからと特定しているのではないと思います。

 

カネボウCMSNS上の声は?

 

色々な意見がありますね。ただ、皆様の意見を見ていて思ったことは、同じ化粧でも楽しいだけの化粧じゃない人たちもいる。という声には「はっ」としました。確かにそうだなと・・。気づかされる部分は色々とありますが、個人の感じ方にまかせていいんじゃないかと私は思います。

 

さいごに

炎上しているのかもしれませんが、それ以上にこのCMを評価している人も多くいるので、これで、CMが流れなくなるなんてことはないと思います。

 

自由に発言ができるようになった世の中で、キャッチコピーひとつだすだけで、ここまで意見が飛び交うのだなと改めて思いました。