有名人・芸能人

マハラージャンの年齢や本名は?謎の元会社員は何者?

「THE FAST TAKE」にスーツ姿にターバンとちょっとかわった容姿で歌う謎の元会社員として話題になっている方がいます。

 

その名もマハラージャン。名前からして誰なんだ!とかなり気になりますよね。それでは、その謎多き人物マハラージャンについて、年齢や本名など気になるところを調べてみましたよ。

 

マハラージャンの年齢は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Maharajan(@moechu4)がシェアした投稿

名前:マハラージャン

年齢:?

出身地:東京都

レーベル:SME Records

事務所:油田LLC

 

謎多き人物のため、公式のプロフィールにも公表されておらず、残念ながら年齢不詳です。ただ、噂では35歳ぐらいだと言われています。

 

デビュー前は、普通に会社員として働きながら制作活動をやっていました。

 

2021年の3月にデビューしたばかりで、FAST TAKEからお声がかかった時は、「まさか自分が」とかなり驚いたそうです。

 

マハラージャンの本名は?

本名もやはり年齢と同じく非公表なのですが、Twitterにこんな投稿が・・・

 

インスタグラムでは元々本名でやっていたとあります。

 

マハラージャンさんが有名になるにつれて「あれ?」って気づく人がもっと増えそうですね。

 

マハラージャンの名前の由来は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Maharajan(@moechu4)がシェアした投稿

事務所が「油田LLC」という名前なので、「油田なのでマハラジャでどうですか?」と言われて「マハラージャン」になります。

 

すごい名前の付け方ですね。

 

マハラージャンの音楽のルーツは?

小学生でバイオリンを習いたいと自ら親にお願いしたのですが、だめだと言われ、お父さんが持っていたトランペットを見つけて、小学4年生からトランペットを習い始めます。

 

中学生の時は吹奏楽部に入ります。幼いころからよく聞いていた音楽は洋楽ばかりだったようですが、音楽をやりたいなら色々なジャンルを聴いたほうがいいと言われ、ジャズやファンクなども聴き、なかでもいいと思ったのがフランス音楽なんだそうです。

 

フランス音楽ってどんな感じなんでしょう?あまり聞いたことないですよね。やはりちょっと人とは違った感性をお持ちなのかなって思います。

 

マハラージャンさん自身は、進学にも就職にも自分がやりたいこととはずっとズレていると感じており、その思いを楽曲制作にぶつけていたのですが、曲も思うようにつくれず、作曲家の陶山隼さんへ曲を習いに行きます。

 

そこで自分自身のスキルがあがり、納得のいく曲「いいことがしたい」が出来上がります。

 

そして、陶山隼さんから今の事務所を紹介してもらい、デビューするきっかけとなります。

 

マハラージャンはモエチュウ?

マハラージャンさんは、「モエチュウ」というラジオネームでも活動しており、2018年に星野源のオールナイトニッポンの第132回「星野源アワード2018」で「ねぇ、ねぶって」という楽曲が音楽部門の最優秀ジングル賞を受賞します。

 

ちなみに、モエチュウとは「燃える中途採用」の略だそうです。

 

マハラージャン「THE FAST TAKE」

マハラージャン「THE FAST TAKE」

2021年6月18日 22:00~公開されます。お楽しみに!

 

 

 

まとめ

マハラージャンについてご紹介しました。

やはり、なかなか謎が多いマハラージャンさんでしたが、今後の活躍に目が離せないアーティストになることは間違いないですね!