福岡情報

マスク/福岡で回収・寄付ができるところは?有効活用をしよう!

福岡でも、アベノマスクが届き始めていますが、最近になってマスクが飽和し始めており、単価もだいぶ下がってきています。そのためか、今更届いてもと思われている方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。

 

不要と思われる方は、ぜひ、寄付など有効活用をしませんか?

 

緊急事態宣言が解除となり、福岡の街にも人が戻りつつありますが、コロナ自体がなくなったわけではありません。感染防止のため、マスクは必ずつけてくださいと言われているところがほとんどです。まだまだ、マスクを必要とされています。

 

マスクが不要な方は、ぜひ、寄付をしましょう!

 

アベノマスクが寄付できるところ

福岡もアベノマスクの配布が始まりました。


ただ、やっぱり、届くのが遅いと感じる方が多いようです。

それならば、寄付や回収できるところがあればいいなって思いますよね。

 

助け合いマスク

福岡市では「助け合いマスク」として、マスクを回収しています。

回収場所:市役所情報プラザ及び各区役所総務課

受付期間:5/15(金)~5/29(金)

※しばらくの間は5/30以降も受け付けるようです。

受付時間:午前9時~午後5時

未開封未使用のマスクをお願いします。

 

 

他県では、回収ポストなどを置いているところもあるようです。駅などに置いてもらえると、寄付しやすいですよね。ぜひ、福岡でもそういった取り組みをしていただきたいなって思います。

 

ホームレス全国支援ネットワーク

こちらでも寄付を受けてつけています。

送り先:〒805-0015 北九州市八幡東区荒生田2-1-32

宛名:ホームレス支援全国ネットワーク

未開封未使用のマスクをお願いします。

封筒などに入れて普通郵便で送ってください(送料自己負担)

 

集まったマスクは集約して、全国の希望する会員団体へ配布するそうです。

 

地下鉄はマスク必須

高島市長が地下鉄では必ずマスクをつけてくださいとブログで発信しています。


マスクが無い方は、1枚50円で購入していただきます。この50円は「ありがとう基金」へ寄付されます。

地下鉄以外の公共交通機関でも、同じような意識でお願いしますと言われています。

 

やはり、急に人が多い所へ行くのは怖いですね。私は、緊急事態宣言中よりも一層の予防意識が必要だなと感じます。

 

マスクの種類によっての飛沫検証

手作りマスクを使用されている方も多くいらっしゃると思うのですが、色々な種類のマスクの飛沫がどれくらい予防できているのか、飛沫がとんでいるのかを検証してくれている動画があります。この動画はとっても参考になるので、ぜひご覧になってみてください。

この動画を見てみると、実はアベノマスクは意外と優秀なんだということがわかりました。ただ、それをつけるのに抵抗があるという方は、アベノマスクをつけた上にかわいいマスクカバーなどをつけるといいかもしれません。

まとめ

福岡市では「助け合いマスク」としての寄付を募っています。

また、支援の手から漏れてしまっているホームレスの方々へもマスクがいきわたるように、支援団体の方々が配布をされているそうです。

 

ぜひ、不要と思われる方は、マスクの有効活用を!