トレンド・話題

みずほ銀行通帳発行手数料が有料になるのはいつから?新規開設口座対象!

銀行で口座を開設すれば、当たり前に通帳をもらっていましたが、なんと、その通帳をみずほ銀行が有料化すると発表しました。

 

えっ有料?そんなこと今まで思ってもみませんでした。私は、お金をおろすときは必ず通帳でおろすようにしているので、その都度記帳をしているのですが、意外と、ずっと記帳してないという方も結構いらっしゃるようですね。

 

となると、”通帳を見ない=必要ない”ということになるのでしょうか。

 

銀行は、これを機にデジタル化を進めていくということです。それでは、手数料はいつから有料になるのか、また、そうなったときの注意点などをまとめていきます。

みずほ銀行通帳発行手数料が有料になるのはいつから?

いつから?

2021年1月18日から

 

対象者

70歳未満の方で、新規口座を開設する方

 

項目 単位 改定前(税込) 改定後(税込)
通帳発行手数料【新設】(新規発行・繰越時の手数料) 1冊 0円 1,100円
通帳再発行手数料【変更なし】(通帳紛失時などに再発行する手数料) 1冊 1,100円 1,100円

 

新しい生活様式に対応していく取組みとして、通帳レス、印鑑レス、ペーパーレスを順次取り組んでいく予定です。

 

通帳は、デジタル通帳へ移行します。

 

みずほ銀行通帳発行手数料が有料化のポイント


有料化になる上でいくつかポイントがありますので、そこをおさえていきましょう。

 

2020年1月18日以前の今まで使っていた通帳を繰り越す場合は、無料でできる。

2020年1月18日以前の通帳を1年以上記帳していない場合は、自動的にデジタル通帳へ切り替わる。その際、紙の通帳を使いたい場合は、再発行しないといけない。

2020年1月18日以降はデジタル通帳へ移行。紙の通帳も使うことはできるが、併用はできない。

デジタル通帳を使うには、インターネットバンキング「みずほダイレクト」へ登録する必要がある。

紙の通帳を使っている人が、毎年1月末時点で1年以上記帳がない場合、自動的にデジタル通帳へ移行する。紙の通帳を使いたい場合は、再発行する必要がある。ただし、発行手数料は無料。

 

オンラインでは、取引明細を最大10年分確認することができます。

 

ただ、デジタル化していく分には、特に異論はないのですが、高齢の方やパソコンなどの操作が苦手な人にとっては難しい部分もあるだろうし、そもそも、デジタル化となれば、パソコンやスマホを持っていないと確認ができません。

 

となれば、紙の通帳を使うしかないですけど、1,100円って手数料にしては大きな額です。ここで悩んじゃいますよね。

 

今後、他の銀行も有料化は進んでいくでしょうから、なかなか、頭をかかえてしまいそうです。

 

まとめ

みずほ銀行通帳発行手数料が有料化についてまとめていきました。

キャッシュレスに加え、銀行では通帳レスとなり、お財布自体が要らないような時代になりつつありますね。

便利ではありますが、私は現金派なので、いつまでもお財布は持っていたいです。