トレンド・話題

マイナポイント子供の分のポイント付与方法と現在の登録者数は?

マイナポイントって最近よく耳にしますが、マイナポイントって何?って思ってる人結構いると思います。

 

こちらは政府がマイナンバーカードをもっと普及させたいということで始まった事業です。簡単にいうとマイナンバーカードを持っていれば、お得なポイントが付与されますよということですね。

 

この記事では、

  • マイナポイント申し込み方法
  • マイナポイント子供の分の付与方法
  • マイナポイントの現在の登録者数

 

などについてご紹介していきます。

 

マイナポイントの仕組み

マイナンバーカードを持っている方にポイントを付与しますよという取り込みです。ですので、まだ持たれてない方は、マイナンバーカードの申し込みが必要です。

 

マイナンバーカードの取得

まずは交付申請をしてカードを取得しましょう。交付申請はお住まいの市区町村で行います。

 

交付には1~3ヶ月かかるようです。早めに手続きをしましょう。

 

現在少しずつ申請が増えてきているようなので、交付にも時間がかかっているようです。

マイナンバーカードと決済サービスの紐づけ

マイナンバーカードと決済サービスを紐づけるために、専用のアプリ(マイナポイント)をダウンロードします。

マイナポイントアプリ

 

こちらをダウンロードして、電子マネー、QRコード決済、クレジットカードなど100種類以上のキャッシュレス決済サービスから1つ選んで紐づけます。

 

※希望のキャッシュレス決済サービスがマイナポイント事業に参加している必要がありますので、紐づけ前に確認をしましょう。

※申し込み後は、別のキャッシュレス決済サービスへ変更はできません。

 

買い物やチャージでポイント付与

紐づけた決済サービスで買い物やチャージをすると、利用金額25%分のポイント(1人最大5000ポイント)がもらえますので、かなりお得です!

 

例)2万円のお買い物で最大5000円分還元

※ポイント付与のタイミングや使い方は決済サービスによって違うので、ご自身の使われる決済サービスへ確認をしましょう。

 

マイナポイント付与はいつまで?

2020年9月~2021年3月末まで

※マイナポイントの予約者数が予算の上限に達した場合には、マイナポイントの予約を締め切る可能性があります。

 

マイナポイント現在の普及はどのくらい?

(2020年9月現在)

現在マイナンバーカードを所有・申請している人

全国民のうち約2840万人

マイナポイント対象

先着4000万人

現時点でマイナポイントを申込されている方

約377万人

まだ、1/10程度しか申し込みされていません。

 

しかし、マイナンバーカードを取得するなら断然この機会がお得ですので、ぜひ、キャンペーン中に申し込みたいところですね。

マイナポイント子供の分の申し込み方法は?

15歳未満の申し込みは法定代理人(親や後見人)が行えます。

 

親のキャッシュレス決済サービスに紐づけて、子供の分のポイントを付与することができます。

 

ただし、ここで先に述べたように、100種類以上のキャッシュレス決済サービスから1つしか選ぶことができないので、その際は、最初に登録したキャッシュレス決済サービスとは別のものを登録しないといけません。

 

この点に関しましてはちょっと不便ですが、仕方がないですね。

 

家族全員分のポイントが付与されればかなりの家計の足しになります。ただ、ちょっと手続きが面倒なので、どのくらいの方が登録しようって思うのかな~っていうところが、この事業の課題かなって思いますね。

 

現に、うちの家族は面倒だと言っています。

 

まとめ

マイナポイントの申し込み方法、子供のポイント付与や現在の状況などをまとめてみました。

4人家族であれば、最大2万円分のポイントが還元されるので、これはかなりお得ではないでしょうか。

手続きがちょっと面倒ですが、この機会にぜひマイナンバーカードを取得しましょう!