CM

SUENAGAグループCMでボクシングをしている女の子は誰?パンチが強烈!

SUENAGAグループは岡山では有名な企業グループです。

 

代表の末永一範さんは、岡山トヨペット株式会社の代表取締役をやられています。そんなSUENAGAグループのCMが公開されました。

 

CMでは、かわいい女の子が出てくるのですが、その子が強烈なパ~ンチ!をやっています。そんなボクシングをしているかわいい女の子が誰だろう?って気になったので、調べてみましたよ。

 

SUENAGAグループのCM

 「ジブンに挑戦する人」

 

かわいい服を着た女の子がこちらをじっとみつめて、首元のリボンを外しながら服を脱いでいくところはドキっとしますね。

 

と思ったら、タンクトップに短パンのいでたちで、サンドバッグに向かってパンチをし始めるのでびっくりしますね。でも、かっこいい描写です。

 

テーマが「自分に挑戦する人」なので、ストイックさを表現されているようですね。

 

SUENAGAグループCMでボクシングをしている女の子は誰?

プロフィール

名前:掛橋沙耶香(かけはしさやか)

生年月日:2002年11月20日

出身地:岡山県

血液型:B型

身長:156cm

 

掛橋沙耶香さんは、乃木坂46の4期生です。2018年坂道合同オーディションに合格。

CM起用の理由

SUENAGAグループが挑戦と変革で新しいグループを作っていくということと、新しい乃木坂46をつくっていく上で期待されている4期生である掛橋さんが中心となってグループをつくっていくというところが、両者重なっている部分だということで起用されたようです。

 

また、SUENAGAグループは岡山では有名で、掛橋さんも岡山出身ということも、起用理由のひとつとなっています。

 

なるほど。これから世界で活躍していくだろうと見ての起用ということで期待が大きいですね。

 

CMメイキング


CM撮影での苦労も色々とあったようです。掛橋さんは空手を6年間やっていたということで、この経験も生かせたようですよ。ボクシングの指導者のレクチャーも飲み込みが早かったようで、撮影はスムーズに進んだようです。

 

かっこよくパンチを決めたかと思いきや、時々サンドバッグに抱き着いたりとかわいらしい姿も^^

 

掛橋さん、CMではストイックにトレーニングをしている女の子を演じていますが、実際ストイックに打ち込んでるものは、ギターの練習のようです。

 

お~、音楽に打ち込んでいるのですね~。これからの活動にも絶対にプラスになりますね。

 

岡山弁でメッセージ

「岡山は空気がきれいで、動物もめっちゃおるけん、都会に疲れたら、来てみんしゃい!」

 

岡山弁って、博多弁のように「けん」を使うんですね。「けん」は九州弁はよく使われます。

 

これを博多弁で言うと、「福岡は空気がきれいで、動物もばり多いけん、都会に疲れたら、来てみーね!」って感じですね~。

 

まとめ

SUENAGAグループCMでボクシングをしている女の子は、乃木坂46の掛橋沙耶香さんでした!

 

かわいく登場するシーンからのボクシング姿は、ギャップがあっていいですね。SUENAGAグループと同郷の岡山県ということで、ぴったりの起用ではないでしょうか。

 

SUENAGAグループと同様にこれからの乃木坂46の成長も期待したいですね。