テレビ

竹内善之/パン職人の年齢や家族は?フロイン堂/パン屋はどんなお店?

2021年1月17日の情熱大陸にパン職人の竹内善之さんが出演します。

 

88歳でも現役でパンを作られています。フロイン堂の2代目店主でパンをこねるのも全て手作業!すごい!パンは本当に下準備が大変だというイメージがあるので、それをすべて手でやられているとは!

 

そんな店主竹内善之さんについて、プロフィールなど調べてみましょう。

 

目次

竹内善之プロフィール

名前:竹内善之(たけうちよしゆき)

生年月日:1932年10月15日

年齢:88歳(2021年1月現在)

出身地:兵庫県神戸市

 

パン屋「フロイン堂」の2代目店主。お父様がパン屋をされていて亡くなったため、38歳でお店を継ぎます。

 

お店を継ぐまでは普通のサラリーマンをやっていました。

 

でも、え?ちょっと待ってください。サラリーマン?それでどうやって継いだの?って思ったのですが、サラリーマンをしながらもお父様からパン作りの技術を徹底的に鍛えこまれていたようです。

 

なるほど、だからですね!粉の配合、こね具合、発酵時間、温度調整、窯の火加減など・・・しっかりと体で覚えているのです。

 

さすが職人です!!

 

 

竹内善之家族は?

現在、お店「フロイン堂」は息子さんと一緒にやられています。ご家族は、奥様と息子・隆さん(1963年生れ・58歳の年)の3人家族なのですが、奥様は、9年前にお亡くなりになられて、現在、竹内善之さんは独り暮らしをされています。

 

息子さんはご結婚されており、お孫さんもいらっしゃるのですが、お孫さんもたまにパン作りの手伝いに来ます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

フロイン堂(@furoindo)がシェアした投稿

 

大学2年生のお孫さん。色々と教えると嬉しそうにするそうで、将来はフロイン堂を継ぐと言っています。お孫さんが働くまであと2年ですね。頼もしい4代目です。

 

こんな美味しいパンをいつも食べれるのは羨ましい~

 

フロイン堂

創業昭和7年。手捏ねの生地を古いレンガ窯で焼いているパン屋です。

住所:神戸市東灘区岡本1-11-23

TEL:078-411-6686

営業時間:9:00~18:00

定休日:第1・3水曜、日祝休日

※当日9:00より、当日分の予約をお伺いしています。

 

先代が「フロインドリーブ」からのれん分けして創業。

 

神戸はパン激戦区。そんな激戦区で89年間愛され続ける『食パン』を作る竹内善之さん。竹内善之さんのすごいところは、こねる作業なども全て手作業でやられていること。

 

機械には頼らす、全てご自身の経験と体感で仕上げていく本物の職人です。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

フロイン堂(@furoindo)がシェアした投稿

 

 

そして、お父様の代から引き継がれているレンガ造りの窯で焼かれるパンは絶品です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

フロイン堂(@furoindo)がシェアした投稿

 

3代目の息子さんは、子供の頃からよく手伝っており、「パンを作ることが大好き」と言われています。

 

天然酵母を使った新製品を作るなど、新しいものも取り入れています。

 

情熱大陸出演

 

この投稿をInstagramで見る

 

フロイン堂(@furoindo)がシェアした投稿

米寿を迎えられた竹内善之さん。お休みの日は、リモートでお友達と会話をしたり囲碁をしたりしているそうです。

 

かわいいおじいちゃんですね。

 

仕事は人にやりがいと生きがいを与えるものだと思うので、いつまでもお元気でいらっしゃるのは、やはり、ずっとパンを作り続けているからだと思います。

 

いつまでもお元気でいて欲しいと思います。いつの日かフロイン堂の食パンを買えたらいいな~

 

まとめ

「フロイン堂」パン職人竹内善之さんをご紹介しました。

私は朝食はパン派なので、いつかぜひこの絶品食パンを食べてみたいです。