トレンド・話題

台風9号(メイサーク)2020の勢力や進路は?福岡に接近するのはいつ?

8月31日から9月1日にかけて非常に強い勢力で沖縄地方に近づく見込みとなっていますが、今後はどのような進路になるのでしょうか。

 

現在はフィリピンの東の海上をゆっくりと北に進んでいます。

 

今後、大雨、防風、高波、高潮に警戒をし早めの対策が必要ですね。それでは、今後の進路予想と福岡にはいつごろ接近するのか調べてみました。

台風9号(メイサーク)の威力や進路は?

 

今回の台風は、かなり勢力が強いです。災害級の威力で沖縄に接近します。防風も最大瞬間風速70mの恐れがあり、かなり警戒が必要です。

 

最大瞬間風速70mがどれくらいの威力かというと、停めてある車がひっくり返ったり、信号機が支柱ごと倒れるぐらいの威力です。かなり危険。絶対に外に出てはいけません。

 

大雨、防風、高潮、高波に警戒が必要です。停電や断水になる恐れもありますので、沖縄の方は31日午前中までに台風対策を済ませるようにしましょう。

 

台風9号(メイサーク)福岡に接近するのはいつ?

 

九州北部へは、2日の18時頃接近する予報です。台風は反時計回りに進むため、進路方向の右側を通るとかなり強い影響を受けます。そして、今回の進路がまさしく右側を通過する進路となっているので、九州北部も大雨、防風に警戒が必要です。

 

福岡は、2日18時頃か3日にかけては、大雨、防風となる恐れです。

【追記】

2日18時現在、福岡ではまだ風がちょっと強くなったぐらいです。雨は降っていません。長崎の方では、横殴りの雨と強い風の影響が出ています。

2日24時現在、ものすごく風が強いです。かなり危険。飛んでいきそうなものは、家の中に入れて置かないと危ないです。

 

台風によって、電車などは運行見合わせとなるでしょう。飛行機の欠航も決まっているものがあるようですので、そちらもチェックを忘れずにしましょう。

peach運行状況

JAL運航状況

 

台風対策

 

今回のような強い勢力の台風に対しては、しっかりとした対策をしておきましょう!

  • 窓や雨戸はしっかり閉める。必要に応じては外から板を打ち付けておく。
  • 排水溝や側溝は掃除をして水はけをよくしておく。
  • 外に置いてある風で飛ばされそうなものは、家の中へ入れておく。
  • 万が一窓ガラスが割れた時も危なくないようにカーテンやブラインドは閉めておく。
  • 停電時に備えて、携帯ラジオや懐中電灯を用意しておく。

 

また、居住地のハザードマップで避難先なども確認をしておきましょう。

 

まとめ

台風9号(メイサーク)の威力や進路、福岡に接近についてまとめていきました。

かなり強い勢力のようなので、しっかりを対策をして備えておきましょう!