トレンド・話題

ユニクロ制服のメリットやデメリットは?世間の反応も!

埼玉県さいたま市北区の同市立大宮北高校が2022年の4月からユニクロの制服を採用するかもしれないとして話題となっています。

 

こちらは公立の高校ですが、公立の高校でも入学してからかかる制服代は安いものではないですね。

 

一番のメリットはユニクロの制服にすれば費用の面ではかなり抑えられますが、他にどんなメリット、またはデメリットがあるのか考えてみましたよ。

 

ユニクロの制服にするメリットは?

制服代が安くなる

一般的に公立の高校でも4万~6万ぐらいはするものが、ユニクロにすると、3分の1になるそうです。これってかなり魅力的。

 

入学時はなんだかんだで10万以上はかかるので、制服代が3分の1となるとかなり出費を抑えることができます。

 

成長期でサイズが大きく変わっても買い替えしやすい

特に男の子は高校生でもまだまだ身長伸びる子だっていますしね。これはかなり大きいかも。

家での洗濯がしやすい

家で洗いやすいのでは思います。今ではジャケットですら洗濯機で洗えるものもあるので、ユニクロの商品によっては、家で全て洗濯可になる可能性もありそうですね。

 

デザインがシンプル

ユニクロなので、THEシンプルですよね。学生服なので、私はシンプルなデザインで全然いいと思います。

 

ユニクロの制服にするデメリットは?

耐久性は大丈夫?

逆にあまり安いと耐久性は大丈夫かと心配になる方もいるようです。確かに、その点はいちりありますね。

 

結局すぐに傷んで買い替えなきゃいけないとなれば、あまり意味がなくなってしまいます。

デザインがださい?

これはメリットとは逆にださくない?という意見もあります。ださくて女の子の入学希望者が減りそうと・・・。う~ん、確かに、それはあり得そう・・・。

 

 

在校生と部外者の区別がつかない

これも確かに!普通にお店で売っているものを着るのであれば、部外者が同じものを着て学校に入ってきても気づかないですよね。

 

これ、不審者がいっぱい来そうで怖いです。

まとめ

メリットデメリット色々とありますね。こういった意見は学校側もしっかり見た方がいいと思います。

費用面だけでの決定だとちょっと危険。

個人的な意見は、ユニクロにするにしても、制服としてちゃんとデザインをしてもらったほうがいいのではと思います。